アースドリル工法
工法の概要
 本工法は、ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納された土砂を地上に排土する方法で掘削を行う。
 孔壁は、表層部では表層ケーシングを用い、それ以深は安定液で保護する。
 掘削完了後、所定の形状に製作された鉄筋かごを孔内に建込み、トレミーでコンクリートを打込むことにより杭を築造する。

工法の長所・短所
長    所 短    所
機械装置が簡単
仮設が簡単で施工速度が速く工費が安い
敷地境界から杭までの施工必要距離が小さい
礫(約10cm以上)層の掘削が困難
安定液の管理が不適切な場所には、孔壁崩壊を起こすことがある
安定液の管理が不適切な場合は、支持力およびコンクリート強度の低下を生じうる
廃泥土の処理がやや大変である

施 工 順 序
 @ 掘削機を水平に据付け、ケリーバを杭心に合わせる。
 A 掘削を開始する。表層ケーシングの建込み予定深度まで掘削する。
 B 表層ケーシングを鉛直に建込む。
 C 土質に適合した安定液を注入しながら掘削し、支持層の確認後、根入れ掘削を行う。
 D 底ざらいバケットで一次孔底処理を行う。
 E 地上でかご状に加工した鉄筋を孔内中央に鉛直に建込み、トレミーを挿入する。
 F 沈殿物がある場合、二次孔底処理を行う。
 G トレミーで、所定の位置までコンクリートを打込む。
 H コンクリートの打込みを完了する。
 I 表層ケーシング引抜き後、空掘り部分の埋戻しを行う。

アースドリルドリル工法の機械・機械配置の概要

更新日2003.06.12

TOPページに戻る