更新日:2011/09/08
基礎施工士
TOPページに戻る

 
 建設工事において極めて重要な専門分野である基礎工事のうち、場所打ちコンクリート杭は、地盤状況や施工状況などについて適切な判断および対応措置を必要とする現場造成杭です。場所打ちコンクリート杭を慎重な施工と高度な品質管理により、良質な工事を安全かつ円滑に施工するために必要な知識と技術を備えた施工管理者が「基礎施工士」です。
 弊協会では、「基礎施工士」が場所打ちコンクリート杭の施工に関して十分な知識および経験を有する専門技術者として現場へ適性配置できるように働きかけています。


平成23年度「基礎施工士」検定試験のお知らせ 
日      時 平成23年11月12日(土)
試 験 会 場
試験地 試験会場 住   所 電 話
東 京 マツダホール 〒1041-0032 東京都中央区八丁堀1-10-7 03-3551-5439
名古屋 安保ホール 〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-15-9 052-561-9831
大 阪 天満研修センター 〒530-0034 大阪市北区錦町2-21 06-6354-1927
広 島 広島YMCAホール 〒730-8523 広島市中区八丁堀7-11 082-227-6816
福 岡 福岡建設会館 〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 092-477-6736
受 付 期 間 平成23年9月8日(木)から 平成23年10月21日(金)まで
検定試験対象 場所打ちコンクリート杭工法
受  験  料 協会員 16,000円 / 非会員 19,000円 
受 験 資 格

学  歴

実務経験年数

起 算

指定学科を卒業の者

指定学科以外を卒業の者

大学卒

卒業後

1年6ヶ月以上

2年6ヶ月以上

短大・高専卒

卒業後

2年6ヶ月以上

3年6ヶ月以上

高校卒

卒業後

3年6ヶ月以上

5年6ヶ月以上

中学卒

卒業後

8年以上

(1) 実務経験年数:基礎工事に関する経験のすべてをいいます。上記経験年数の計算は試験当日での年数とします。
(2)指定学科:土木工学 ( 農業土木、鉱山土木、森林土木、海洋土木を含む)、建築学、機械工学、衛生工学、建設学、建設基礎工学、電気工学、地学、地質学、資源工学、衛生工学、交通工学、安全工学、環境保全工学、計測工学など。
申し込み方法   試験案内書 ( 1部200円 )は、下記受付場所(当協会本部及び各支部事務局)で配布しています。又、郵送にて請求する場合は、試験案内書請求票を印刷し、必要事項を記入した上、料金表に従った料金(切手可)を同封して、各受付場所までお送りください。
 学歴・実務経験等に制約がありますので、試験案内書を熟読の上、お間違いのないようお申し込みください。
 尚、不明な点は、各受付場所までお問い合わせください。
検定試験案内書請求票
受 付 場 所
試験地 受付場所 住   所 電 話
東 京 (社)日本基礎建設協会
本部事務局
 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-14-7
            (第一中央ビル705号室)
03-3551-7018
名古屋 (社)日本基礎建設協会
中部支部
 〒460-0022 名古屋市中区金山1-14-18
         (金山センタープレイス8F)
052-322-5796
大 阪 (社)日本基礎建設協会
関西支部
 〒553-0003 大阪市福島区福島5-13-18
                (福島ビル401号)
06-6452-5752
広 島 (社)日本基礎建設協会
中国支部
 〒730-0032 広島市中区立町1-20
              (NREG広島立町ビル)
082-247-2541
福 岡 (社)日本基礎建設協会
九州支部
 〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-10-1
              (第一福岡ビルS館8F)
092-451-2274
TOPページに戻る